Displaying 1 - 3 of 3 entries.

ダイビングの鑑賞スポット、

  • Posted on 6月 26, 2014 at 11:53 PM

ダイビングの鑑賞スポット、

ダイビングと言うと、日本は海洋国家であり四方を海に囲まれていて、海中の様子、海の世界はまだまだ様々な可能性を秘めています。 尤も、ダイビングと言えば海に限ったことでは無く、其れは全ての水域に及び、透き通った清水や清水の沸く淡水の湖や川などの様々な水中に関する生態があり、自然の不思議、脅威があります。 それは海中の洞窟探検や海底遺跡の調査、沈没船の探索など冒険と希望、野心を大きく揺り動かされるには十分なのです。
最近よく放送されている、ナイチャー番組で驚異の海中の様子は、プロのダイバーが綿密に撮影したものであり、観るものを楽しませてもくれます。 この様に海に限らず、ダイバーのエリア、フィールドは無限に広がっています。
さて、世界中には、事実上星の数ほどあるダイビングスポットはあります。 特に、四方がが海、島国ニッポンとしてはオススメのスポットも沢山有ります。 その一つの方法として日本の極選スポットとも言える世界遺産の海を潜る、何て言うのも如何でしょう。 それは北海道・知床の流氷の海です。 元より雄大な自然の宝庫である知床で、流氷の下を優雅に舞うクリオネの観察などは、最高のダイビング鑑賞ではないでしょうか。

ニューカレドニアでの体験ダイビング体験

  • Posted on 6月 4, 2014 at 12:42 AM

ダイビングというとライセンスがいるし、お金がかかるし、とあまり
良いイメージはなかったのですが、ニューカレドニアへ行くことになり、
せっかく美しい海に行くのだから、と張り切って体験ダイビングを
申し込みました。
日本では体験ダイビングをどういう仕組みで体験させてもらうのかは
知らないのですが、ニューカレドニアでの体験ダイビングは割と
自由度が高く、好き勝手に泳がせてもらえるフリー体験でした。
時間にすると約1時間みっちり海に潜っていました。

インストラクターは英語がカタコトで母国語はフランス語、私自身も
英語はカタコト、表情で意思疎通をはかるような感じにも関わらず
海に入ってもコミュニケーションはまったく問題ありませんでした。

またある程度の深度まで潜ったのですが、海がきれいなため
透明度が高く水面まで見渡せるということ恐怖感もまったくありません
でした。
ニューカレドニアでのダイビング体験は美しい海と魚に魅了された
最高の体験でした!

ファンダイビングの楽しみ方

  • Posted on 6月 2, 2014 at 11:50 PM

ダイビングのライセンスを取ったら、もっと上達するためにもどんどん海に潜りたくなります。初心者にとってウェットスーツで潜れる夏の時期は、ダイビングを楽しむためのチャンスです。いろいろなショップがファンダイビングを行っています。普通は朝から行って、一回30~40分程度のダイビングを2回楽しむことができます。機材などはすべて貸し出してくれるので、何も持っていなくても心配ありません。経験のあるベテランのインストラクターが一緒に付いてくれるので、安心して潜ることができます。海で見た魚や生き物について、名前や特徴などいろいろ教えてくれますし、ポイントを熟知しているので、どこで何が見れるかもよく知っています。水中カメラを持参すれば、写真を撮ることもできます。もっと上達していくと、冬の時期にドライスーツを着て潜ったり、夜の海に潜るナイトダイビングなど、様々な楽しみ方ができてダイビングの幅が広がります。また、ビーチから海に入っていくダイビングだけでなく、船で沖まで移動して潜ることによって、いろいろな魚を見ることもできます。